痛っ!もしかしておしりニキビですか?こちらへどうぞ

おしりニキビがある悩み

おしりニキビ、意外と悩んでいる人が多い皮膚疾患です。顔のように見えるところですと、すぐに皮膚科に行ったり、市販の薬を使ったりして治そうと努めますが、おしりという場所ですと顔のようには行かないのが現実のようです。
それは、おしりニキビができているということに気が付かずに、気が付いたら症状が悪化していて痛みを感じたときにはじめて気が付くという人もいます。
また、おしりニキビができていたとしても、あまり人目に付かない箇所というだけあって、そのままにしておくという人もいます。このような人は、「いつか治るだろう」というポジティブシンキングの持ち主である場合が多いようです。同時に、他の箇所にニキビができない場合にはこのような考えとなることが多いようですね。
それにしても、おしりという目立たない場所というだけあって、放置されてしまうことが意外と後々の困った状態になってしまうのです。
もし、目立たない場所のニキビであったとしても、治すことが必要なんです。
ニキビといえども、皮膚疾患です。化膿したり炎症するということもあります。そうなると、痛みを引き起こしたり、治すにも時間が掛かってしまいます。
椅子に座る生活の多い現代の私たちの生活は、おしりニキビを放置すると生活の質そのものを下げてしまうということになりかねません。
 

 

 

おしりのニキビを治したい!!

 

おしりニキビとその他のニキビとの違い

おしりニキビだからと言って、その他の場所と違った特別に特殊なものということはありません。
ただ、その他の場所との違いと言えば、

 

人目に付きにくい
これがよかったのか悪かったのか・・・?ということになりますが、治療の出遅れになることは間違いありません。

 

蒸れやすい
その他のニキビができる場所と比べると、蒸れやすいということになります。下着を身に付けているからという理由だけではありません。パンツスタイルでおしりがかっこよく見える服装はおしり全体が蒸れ蒸れとなりやすく、おしりニキビもできやすいですし、治りにくいことに繋がります。

 

ニキビが広範囲となりやすい
おしりという場所柄、数個だけのニキビで終わるということが難しく、おしり全体に広がりやすくなりがちです。

 

意外と治りにくい
ほおっておけばそのうち治ると思っている人も多いようですが、ニキビを繰り返したり、悪化することが多いのがおしりニキビです。

 

人に相談しにくい
おしりという場所柄、他人には相談しにくいので、自己判断で間違ったケアをしてしまい、悪化させやすいということも言えます。

 

その他にもおしりニキビ特有の悩みや問題があります。正しい情報をしっかりと得ることで効果的なケアと治療が可能となります。

おしりニキビを予防するためには

「どうしてこんな場所にニキビができてしまったんだろう・・・」ということで、おしりニキビができてしまう理由がいまひとつ分からないということがあります。
特に、顔などにニキビができない人にとっては、ニキビそのものが遠い存在というだけあって、できてしまう理由が分からないので頭をひねってしまいますよね。
おしりニキビっていったいどうしてできてしまうのでしょうか?

 

下着に問題がある
汗を吸わない素材の下着、通気性の悪い下着を使用しているとおしりニキビができやすくなります。汗で蒸れた状態が続き、毛穴にトラブルを生じさせてしまうためです。
根本的な理由は顔のニキビと同じような理由なのです。

 

●座っている状態が多い
デスクワークや座っている状態が多いというような生活スタイルの人は、おしりニキビができやすくなります。常に同じ場所に摩擦を生じさせ、角質が硬くなってしまうことが理由です。
この場合は、小さな黒っぽいニキビが多数できるというような状態になることもあります。

 

意外と表面を洗えていない
ちょっと汚い話になりますが、おしりを洗うというとどうしても排便で使う場所が主になります。もちろん、その場所を衛生的に保つことは最重要ではあるのですが、身体の後ろ側にあるというだけあって、洗い方そのものが適当になりやすい箇所であることも確かです。ごしごしと力を入れて洗うことをしなくてもいいのですが、石鹸やボディーソープを泡立てて優しく洗うことが必要です。

摩擦は大敵

おしりニキビができやすい箇所は、どうしても摩擦が起きやすい場所ということになります。
椅子でいつも体重が掛かっている箇所、下着のゴムの場所と重なってしまうと余計に負担がかかりやすくなるようです。
太ももの付け根の裏側、いわゆるおしりで言うと下の方はどうしても摩擦が生じやすく、おしりニキビ以外でも角質が硬くなって黒ずんでしまったり、皮膚のザラつきが出てしまったりと皮膚トラブルも起きやすいのです。ニキビまでは行かなくても、その他の皮膚トラブルに悩んでいる場所ということも言えます。
摩擦がいけないと分かっていても、椅子に座らないといけない仕事をしている場合など、どうすればいいのか分からないという人もいるでしょう。
このような場合はどうしたらいいのか困りますね。

 

下着について
ゴムの箇所がおしりニキビや黒ずみの箇所にできているということが多くあります。これは、まさしくゴムが黒ずみに関与しているのです。
この場合は、下着のゴムの位置が太ももにあるもの(いわゆるボクサータイプ)のものに変えるといいでしょう。すぐに良くなるということはありませんが、少しづつおしりの皮膚への摩擦が少なくなるので良くなって行きます。

ナイロン製の下着はどうですか?

若い女性を中心に、おしゃれな下着が人気がありますが、実はおしゃれな下着の選び方は大切です。
とはいえ、おしゃれな下着の多くはナイロン製などの肌には優しくないものばかりです。汗も吸わないのでおしりニキビができやすい環境となります。
汗をかきやすい、暑がりだという人はナイロン製の下着は避けた方が無難でしょう。
できれば、綿素材で肌に優しく汗を吸いやすいものがおしりニキビ予防としてはお勧めの下着ということになります。
しかし、女性の場合はどうしても譲れないという人もいるようです。おしゃれな下着でないといけないとか、綿素材は身に付けたくないという人もいるようです。
個人的な好みなので仕方ないと思いますが、このような場合はどうしてもおしりニキビを悪化させてしまうことは確実です。
何かできることはあるのでしょうか。

 

自宅では極力下着をつけない
自宅ノーパンはゴムの圧迫などを避けられるので健康面に効果があると言われており、実践している人も多くいます。この方法を使うことで、ナイロン製の下着を身に付ける時間を短縮することができます。
その他、トイレに行く際に汗ふきシートを使っておしりにかいた汗を拭くという方法もあります。やや面倒な方法かもしれませんが、このような方法で予防するしかないようです。

関連サイト集

おしりニキビ・・・おしりニキビ専用のコスメランキング、おしりニキビの原因や予防方法&対策