飲み薬も検討してみる

飲み薬も検討してみる

おしりニキビの程度にもよりますが、効果のあるジェルを使っても一向に良くならないという場合や、以前より悪化したという場合は飲み薬を併用した方が効果的だと思われます。
これは、皮膚科に行けば処方されますが、今はドラッグストアでも購入可能です。
しかし、自分で選んで飲み薬を購入するという行為はある程度自己責任が必要となります。どれを選んでいいのか分からないという人、アレルギー体質という人は、皮膚科に行くか薬剤師に相談してからの薬の購入が望ましいでしょう。
筆者も飲み薬を使用したことがあります。ニキビが酷くて効果があると言われているクリームなどを使っても全く良くならなかったのです。
筆者の場合は、アレルギー体質ということもあり、すぐに皮膚科へ行ったのですが、最初はそこまで効果があるかどうか分からない飲み薬でした。
いくつかの種類を使っても効果が無いことがわかり、処方されたちょっときつめの薬は、おしりニキビをはじめとするあらゆる場所のニキビに効果を発揮しました。
このように自分に合ったお薬を処方して貰うことも必要です。
また、おしりニキビは意外と根気強く闘っていかないといけないものです。顔のように人目に付くことが少ない分、ケアも十分にされずに以前のニキビが色素沈着してしまったという人もいるようです。
そのような人は、おしり用のクリームやジェルをしっかりと使うことで以前のキレイなおしりに戻ることが可能です。